フラワーデザイナーの資格

フラワーデザイナーの資格はお花を扱うしかくとしてフラワーアレンジメントの資格とともに人気のある資格です。お花に関わる資格を取得したいと思っている場合にはフラワーデザイナーの資格、またはフラワーアレンジメントの資格を取るというのがいいでしょう。フラワーデザイナーの資格もプランナーの資格もよくいているためにどちらを取得すればいいのかわからないという人も多いと思います。それぞれアレンジメントとしては同じような資格なのですが、公益法人と国家検定が主催していることや民間の資格など様々な違いがあるのです。フラワーデザイナーの資格をこれから取得しようと思っている人はその違いに対して間違えないようにしましょう。フラワーデザイナーの資格というのは公益法人が主催しています。フラワーデザイナー資格検定試験とよばれる資格試験を受験して合格をした場合にもらえるものです。国家検定としてはフラワー装飾技能検定というものもあります。フラワーデザイナー資格は昭和42年からスタートした資格なのですが芸術文化が普及するためにということで始まった資格試験です。花が好きな人なら誰でも挑戦可能な資格です。誰でも挑戦できるとは言ったものの、試験の内容というのは簡単ではなくてかなり困難な内容になっていますから、何度もレッスンをしなければいけません。教養文化として正しくフラワーデザインについて審査をしたうえで合格レベルを3級2級1級として分けて登録します。資格検定試験は、1級がフラワーデザイナーの講師として活動できるというような資格になっています。

ここ数10年で基準はほとんど変わらず、全国で統一している試験が実施されていて、フラワーデザイナーの資格を取得して世間で活躍している人はたくさんいます。フラワーデザイナーの資格試験には学科試験と実技試験があります。受験資格は受験に必要である単位を認定校や講師からもらわなくては受験できません。フラワーデザイナーの資格は一見して考えてみると一番最初のレベルである3級でも簡単そうに思えますがかなり難しくて何度も実技の練習を積まなければなかなか合格は難しいでしょう。フラワーデザイナーの資格を取得する場合には、学校に入学をして、受験に必要な知識や技術を学びます。そして必要な単位をだいたい半年から1年かけて取得してから受験に申し込んで3級から受験することが可能です。3級と2級は公認校での試験実施も行われています。