DHA・EPAのもたらす効果と必要性

DHA・EPAのもたらす効果と必要性

現代の人々の食生活は完全に欧米化してしまい、魚を頻繁に食べると言う事が少なくなっています。
お肉は美味しいですし、どんどん食べれますが、魚には実に重要な成分が含まれています。
その一つがDHAです。
DHAはドコサヘキサエエン酸と言われるもので人の体内では作ることのできない成分です。
それと同じような成分を持つものにEPA、エイコサペンタセン酸というものもあり、こちらも体内での生成はできないものです。
DHAにはメタボリックシンドロームや脳梗塞、さらにはアレルギー性鼻炎の改善効果があると言われています。
またEPAには高脂血症や動脈硬化の予防効果があります。
良く言われているのはDHAの効果として頭が良くなると言われたりしています。
これは血液の流れを良くすることで目の網膜や脳が活発に活動するために記憶力がアップしたりするためと言われます。
脳を活性化させる成分ということはこれが体内で作られないものであるならば、なくなっていくにつれて脳の力は弱くなってしまうということでもあります。
DHAはどのようなものに多く含まれているかというと、まぐろやサバなど青魚に多くその成分が含まれています。
魚だけでなくごまやくるみにもDHA、EPAに変わる成分をもつものが含有されているのでそれらを摂取することでも代用できます。
このように健康維持などに必須の成分ですが、そのまま魚から摂取するのは難しいのでそんな時にはDHA・EPAサプリを使って一日の摂取量を補っていくことが大切です。

DHA・EPAサプリメントで血液をサラサラに

平均寿命が飛躍的に延びて、世界一の長寿国となった日本は健康ブームと言われるほど健康への関心が高くなっています。
中でも、運動などと比べて手軽に効果があり続けられるサプリメントはとても人気があります。
近年の研究で、「老いは血管から」始まり、進行するということが分かってきました。
動脈硬化が色々な悪影響を及ぼすのです。
血液をさらさらに保つことに中高年はとても関心を持ち、テレビや健康雑誌で紹介される運動法や健康食品は大人気です。
中でも効果があると言われるのが「DHA・EPA」です。
これらはオメガ3という不飽和脂肪酸で、常温でも固まりません。
鯖やサンマなどの青魚に多く含まれていますが、毎日魚から有効成分を摂り続けるのは大変です。
魚臭いのが苦手という人も多く、色々なメーカーから沢山のサプリメントが出ています。
血液をサラサラにする効果により、動脈硬化を予防し、また血栓ができにくくなります。
脳の中の血流も改善できるので、認知症の予防も期待できます。
血中の悪玉コレステロールを下げる効果も報告されています。
最近では、それらの他にも運動効果が高まることや、疲労回復にも役立つことが分かってきました。
長寿社会の到来で益々需要が高まりそうなDHA・EPAサプリメントですが、製品によって含有量や配合比率が違うので、自分の目的によって賢く選びたいものです。
また、オメガ3は酸化しやすいので、酸化防止効果のある成分が配合されたものもお勧めです。
大量に摂取したりしない限り副作用もないので、安心して摂取できるサプリメントです。

インターネットで検索すれば沢山の製品が出てきますし、格安でお試しできたるキャンペーンをしているものもあるので是非利用してみると良いでしょう。

DHA・EPAを上手に摂ろう

日本人の魚離れが言われて久しいですね。
とくに青魚を食べる機会が減ったように思います。
私自身も、買うのはサケや白身魚が多いです。
アジやイワシは一尾で売られているのがほとんどですから、さばいて調理しなければなりません。
それが面倒でつい切り身を買ってしまうんですよね。
しぜんと青魚を食べる頻度が少なくなるわけです。
青魚は、DHAやEPAが豊富に含まれている優秀な魚です。
DHA・EPAとは不飽和脂肪酸のことで、血液をサラサラに保つなど生活習慣病予防にも効果が高いことが知られています。
中性脂肪を減らしたり、血圧を下げたりと、その効用には目を見張るものがあります。
またボケを防いだり精神を安定させるなど、脳に与える効果も忘れてはなりません。
日本人は昔から知能水準が高いと云われていますが、これは魚を食する習慣が多分に影響しているようです。
こんなに優れた栄養素を持つ青魚を食べないのは非常にもったいないことですね。
私もなるだけ食事に青魚を取り入れていこうと思います。
でも、毎日食べるのは大変ですよね。
そんな時はサプリメントを上手に使って補いましょう。
いまは、たくさんのメーカーがDHA・EPAサプリを販売しています。

それだけ注目を浴びているということですね。
DHA・EPAを核として、メーカーごとにプラスアルファの成分があるようです。
また、DHA・EPAの含有量も商品によって違いがありますので、しっかりチェックして自分に合ったDHA・EPAサプリを見つけましょう。